投資優先権

カザフスタン共和国の投資法律に従って、投資家が提供されることができるものが以下に書いております。

1.プロジェクトのための特恵(投資優先プロジェクトのための特恵を含んでいる):

設備や設備の予備部品や原料などの輸入のときの関税を免税する

固定資産(たとえば、地所・建物・機械と設備・建築・交通機関・生産財産など)に投資した金額の30%を越えない現物補助金

2.投資優先プロジェクトのための特恵:

・特恵関税:同上の所得税は10年間0%、地租は10年間0%、財産税8年間0%;

建築工事と工場の操業を開始してから入手した設備ための30%までの投資補助金

税立法と外国労働力の導入についての立法の安定の保証

投資が「一つの窓」という原理に基ついてカザフスタン共和国の政府に規定される全権委員に協力してもらう。

投資契約に応じて全権委員は投資家に保証された法人の注文を提供する

*投資優先プロジェクトの基準

・傾斜生産のリストに応じること(政府に承認される)

・投資優先プロジェクトの投資合計はカザフスタンの予算についての立法に規定された月の勘定のインデックス(monthly calculation index)の200万倍数以下ではない投資を持っている新たに創めった法人でいること。

カザフスタン共和国の投資法律には投資オンブズマンの役が規定されている。

投資オンブズマンはすることが以下に書いております。

・投資家のある問題などを検討して、その問題を解決するために政府当局と相互に作用しながら推薦を与える。

・投資家にある問題を裁判意外時とか裁判の前に解決するのに協力する。

・カザフスタン共和国の立法を改善するためにカザフスタン共和国の政府に推薦を与える。

投資特恵を提供する手続きに関する質問がある場合は、工業省の投資委員会に問いかけることができます