ビザ取得

カザフスタン共和国へ入国するため、カザフスタン政府及びカザフスタン共和国の特定の当事者との協定に定められた場合に限り、ビザを取得する必要がある。

旅券種類及びビザ無しの一方の出入国の認定によりカザフスタン共和国と市民の相互ビザ無しの旅行に関する協定を締結した国家リスト

 

     

 

カザフスタン共和国政府の決定№483による2015年6月26日からオーストラリア、ハンガリー、イタリア共和国、モナコ公国、ベルギー王国、スペイン王国、オランダ王国、ノルウェー王国、スウェーデン王国、マレーシア、アラブ首長国連邦、シンガポール、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国、アメリカ合衆国、ドイツ連邦共和国,フィンランド共和国、フランス共和国、スイス連邦、日本の市民は2017年12月31日から2015年7月16日までの期間に、カザフスタン共和国の国家国境を越えるときに15日までビザの必要条件を免除されます。

カザフスタン共和国ビザの発給のために必要な書類リスト

1. カザフスタン共和国に個人用件又は定住のために入国する外国人・カザフスタン共和国に定住する外国人又は無国籍人はビザサポート・申請書・内務関連部局の許可

2. カザフスタン共和国の国境を通過する権利があることを示す通過許可

3. カザフスタン共和国ビザ発給規則の添付15に準拠したビザ申請・ビザ期間延長・ビザ期間短縮のためのアンケート(1枚)

4. 正面から、サングラス・頭に装飾品をつけることなく、顔のみを撮影した3.5cmX4.5cmの白黒又はカラーの写真1枚。常に頭に装飾品をつけていことが民族・宗教上の理由から必要である者は、そのような装飾品をつけた写真が通行用書類の写真として使われていることが必要。

5. 領事業務費用の支払いを証明する領収書

6. カテゴリー«D1»、«D2»、«D3»には派遣団体からのビザ発給要望書を追加で提出することが必要。

7. カテゴリー«J1»は下記の書類を追加で提出することが必要。

1) 任意のフォーマットで申請日を記入したオラルマンによる移住枠に関する申請書

2)申請人の民族を確認する文書。民族に関する証書がない場合、IDカード

3)申請人の家族構成を確認する文書、オラルマンによる移住枠への許可願い

4)(ある場合)オラルマンによる移住枠許可への優先権を証明する文書

5)申請人、又はその家族がカザフスタン共和国保健省令第664(2011年9月30日付、国家法令登録番号第7274号)によって規定された、外国人又は無国籍者のカザフスタン共和国に入国を禁止する病気に罹病していないことを示す証明書。

6)申請人、又はその家族が無前科であることを証明する文書

8. カテゴリー«J2»の申請のためには、下記の書類を追加で提出する必要。

1) 移民警察の係員が配布する申請用紙

2)カザフスタン共和国国民、又はカザフスタン共和国に定住する外国人や無国籍者(以後「招待者」という)が招待者が所有権を持つ住居に、申請者が居住登録をすることを承認する合意書

3)招待者がカザフスタン国内に居住登録をしていることを証明する文書のコピー、また2)で示されている住居の所有証明書。

4)申請者の国又は定住している国の担当機関が、外国で定住することを許可することを示す文書

5)カザフスタン共和国で居住する際に支払能力があることを証明する文書(過去にカザフスタン共和国又はカザフスタンソビエト社会主義共和国で生まれるか、市民権を持っていた者やその家族は必要なし)

6)申請人、又はその家族がカザフスタン共和国保健省令第664(2011年9月30日付、国家法令登録番号第7274号)によって規定された、外国人又は無国籍者のカザフスタン共和国に入国を禁止する病気に罹病していないことを示す証明書。

7)申請人、又はその家族が無前科であることを証明する文書

注記: 申請能力がない子供の場合はその法律的な代行者が申請。

上記文書のコピー、申請者との面談を行った外務省の対外職員の決定は受領後30日以内にカザフスタン共和国外務省から許可発行審査のためにカザフスタン共和国内務省、カザフスタン共和国国家安全委員会に送られる。カザフスタン共和国内務省、カザフスタン共和国国家安全委員会の許可はカザフスタン共和国外務省から文書が送られてきて3ヶ月以内に発給されます。

カテゴリー«А1»«А2»«В1»«В2»«D1»«G1»のシングルビザ、カテゴリー«F1»のシングル・ダブルビザ申請時にビザサポー